[犬のしつけ]駄目な叱り方

今回は、駄目な叱り方について書いておこうと思います。というのも、公園などで今から説明する「駄目な方法」で叱っている人を見かけることが多いから。

1、言葉で説明しようとする
「こら、だめじゃないか!あのね、飛びつくっていうのはね、人間に怪我をさせるから駄目なんだよ」
‥という感じで言葉で説明しても、犬は言葉が分かりませんので、言っても無駄です。

2、大声で怒鳴りつける
何か問題行動をしたら、突然、大声で怒鳴りつける人もいるようです。これも無駄です。
むしろ、大声を上げて遊んでくれていると思う可能性もあります。
そもそも犬は人間の言葉がわからないので、意味が無いです。

3、突然、叩く(体罰)
昔は「しつけ」と称して体罰をしていた事が多かったようですが、逆効果だと言われて、最近はやらなくなっています。

というのも、そもそも「なぜ今の行動がダメなのか?」を理解していないので、
突然叩いたり、マズルをつかんで押さえつけたり‥ということをしても、犬は恐怖心しか残りません。

何で体罰を受けたか、叩かれてるかわかんないです。だから「人間の手」が痛いことするものだと学習してしまう可能性があります。

そして、反射的に手を攻撃する犬になりかねません。それは飼い主の手でも、他人の手でも関係ありません。

「しつけ」と称した体罰が、逆に問題行動をする犬にしてしまう可能性が高いので、昔のように体罰を使うしつけはやらなくなっています。

例えば、何か問題行動をしたときに、鼻をつかんだり、押さえつけて教えるという人もいるかもしれません。

こういう不適切な叱り方を続けていると、大きな副作用が出る可能性があります。

例えば、子犬が飼い主さんの手を甘噛みした場合、飼い主さんは子犬を鼻で掴んだり、押さえつけたり強く叱るとします。

この方法が子犬にとって過度な恐怖心や痛みを伴ってしまうと、飼い主さんに触られる時は痛い思いや怖い思いをするかもしれないと予測をします。

すると、飼い主さんが次に近づいたり、触ろうとするだけで逃げようとしたり、自分の身を守るために噛み付くようになる可能性があります。

一度、飼い主さんに対してこのような思いを抱いてしまうと、関係を改善するのに非常に時間がかかります。

このような体罰を使うような方法は特殊なケース以外は避けるべきです。

まずは、この3つを意識するべきだと思います。

話は変わって、大阪の友達が柴犬を飼いたいとLINEで相談があった。

まずはペットショップじゃなくて優良なブリーダーさんから直接買った方が良いよとアドバイスしておいた。

このページのように大阪の柴犬のブリーダーをまとめたページもあるから、まずはブリーダーに直接連絡した方が良い!